クレーターの治療も可能|悩みは整形で一挙解決

婦人

ほうれい線も対処できる

美容整形

若いときにはなかったしわがたくさんできてしまっても諦める必要はありません。ほうれい線はじつはしわではないので化粧品で対処するのは間に合いません。そのためヒアルロン酸注射をする人が多いです。

詳細へ

汗のチェック

レディー

汗を大量にかいてしまう体質の人は生活の中でちょっとした不具合を感じることもあります。多汗症の医学的原因をしっかり知り、美容整形外科で治せば悩みは解決するので自分の症状をチェックしましょう。

詳細へ

クリニックの特徴

美容整形

脱毛をスムーズに進めるためには頼りになるクリニックを探すことが大切です。初診料がかからないというリゼクリニックもありますので、気軽に脱毛を進めることが可能になっています。

詳細へ

凹んでしまう

レディー

思春期になるとニキビが増えます。そのときにニキビを潰してしまって、ニキビ跡が残っている人も多いのではないでしょうか。こういった穴ができてしまうと、多くの人がもう治せないと考えてしまいますが、美容整形外科で治療が可能となっています。ところで、ニキビ跡はクレーターと呼びます。クレーターには3種類のタイプがあり、1つ目はローリングタイプというものです。クレーターの大きさが4ミリ以上で一番大きなクレーターのタイプになります。また、クレーターの形は丸く掘ったような感じが多いです。2つ目がアイスピックタイプですが、大きさが2ミリ程度で小さい穴がプツプツとある感じです。3つ目がボックスタイプですが、かなり深くまで掘ったような跡になります。どのようにクレーターができるのかというと、まずニキビができ、その後にニキビの元になるアクネ菌を倒すために、膿が出ます。アクネ菌を倒した傷跡がクレーターになるという仕組みになっています。友達の肌を見ると全くニキビがない人やニキビだらけの人がいるでしょう。その違いは何なのか説明します。まず、ニキビが出きやすい人は赤い炎症が出やすく、皮膚が厚い人です。これはアクネ菌を倒したときにクレーターになりやすい原因とも言われています。また、皮膚の生まれ変わりが遅い人やアクネ菌にアレルギーをもつ人もニキビになりやすいです。こういった肌の特徴は誰しもが理解しているわけではありません。しかし医師なら精密な検査をして、肌の状態に合わせて治療を行なってくれるので安心です。このようにクレーターは治療することができるので、病院などでどのような治療法があるのか具体的に確認することが大事なのです。